ラグビー

藤島大(ふじしまだい)

1961年東京生まれ。秋川高校-早稲田大学でラグビー部に所属。雑誌記者、スポーツ紙記者を経てフリーに。著述業のかたわら、国立高校や早稲田大学のラグビー部のコーチも務めてきた。
著書に『ラグビー特別便』(スキージャナル)、『スタジアムから喝采が聞こえる』『ラグビーの世紀』(洋泉社)『知と熱』(文藝春秋)などがある。

  • ラグビー
  • 早稲田大学ラグビー蹴球部
  • シニアチーム
  • レディースチーム
  • スクール情報
  • ニュース・コラム
  • 楕円球コラム~Extra~
  • Wonderful Rugby
  • “Roo”のスポーツクリニック

楕円球コラム 「楕円球は呼ぶ」

Vol.117 「愉快に熟慮せよ」投稿日時:2012/12/19(水) 12:02

学生時代、西早稲田の喫茶店兼食堂兼酒場『カントリーハウス』でラグビー部の練習の合間のアルバイトに励んだ。ひとつ学年が下、政経学部を蹴って教育学部の体育専修を選んだフランカー(現在はアフリカ大陸マラウイで一品一村運動を指導)、当時の早稲田としては珍しい強豪校出身のウイング(広告代理店勤務)といつも一緒だった。ランチタイムの給仕をおもな仕事としていた。

職場の同僚のいわゆる一般学生は教育学部地学科の連中が多く、みんな変人ぞろいでウマが合った。千葉県出身のMは、高校時代は柔道部、利発で器用で、白い長靴を履いて厨房を任されていた。いっぺん北海道の山での野外フィールドワークのさなかにスズメバチに襲われて大変な目に合ったことを除けばパニックとは無縁、常に沈着冷静な男だった。

Mは卒業後に大手の電気通信メーカーに入った。そこで会社のラグビー部へ飛び込む。学生時代、バイト先の店のチームをつくって、我々ラグビー部員が指導にあたり、たまに夏休みなどに練習をしていたが、まあシロウトである。しかし、さすが名アルバイト、いつの間にかキャプテンになって、ある年には、カントリーハウスに入りびたっていたラグビー部のロックが進んだ準強豪の建設会社チームに勝ったことがあるらしい。いつか仲間が集まって、その話になり、「体育会、喫茶店のアルバイトに敗れる」で大笑いした。「あいつの青春は何だったのだ」と。

そのMがある夜、酒を飲んでいると、こう言った。「俺の会社のチームには強い大学のラグビー部出身者がけっこういるが、みんな頭が固くて」。Mはもともとは理科系のせいか、グラウンドで相手の陣形を観察すると「こうすればここに穴ができて抜ける」とひらめく。練習中にその経験をもとに新しい攻撃法を提案すると、実験もせずに否定されるらしい。先入観と慣習のワナに賢者は気づいていた。

あれからざっと四半世紀、いまの大学ラグビーを眺めても、まだまだ「新たなアイデア」の余地はある。昨今の世界を席巻するディフェンス法があるとして、それは現在の一般的な攻撃法を防ぐために構成されているのだから、違う発想なら抜けるはずなのだ。今季、トップリーグでも王者サントリーと類似する攻防がやけに目立つ。チャンピオンと同じ練習をしたらチャレンジャーはいつまでも追いつけない。たぶん会社で偉くなっているだろうMなら何かを考えつくかもしれない。

戦前の早稲田大学主将、故・川越藤一郎さんはルールブックを精読して「シャローディフェンス」を着想した。たとえばモールやスピンパスのようないまでは当たり前の方法にしても、ラグビー競技が始まって何十年もたってから世界の誰かが気がついた。

9年前の本コラムの第1回に、早稲田大学ラ式蹴球部の部誌『鉄笛』の創刊号からいくつかの文章を紹介した。創部から7年、1925年の先達はすでに慣習を戒めている。もういっぺんここに引きたい(一部省略・仮名遣いなど改変)。

「洗練された敵に対する場合なれば、巧妙なる攻撃に対して巧妙なる防御をもってしても勝負はつかぬ。キャッチボールのようなものである。機械的、常套的な戦法の外に、機に臨んで敵の意表に出づる戦法でなくてはならない」

2012年暮れ、主張はいまだ有効である。ペンネーム「我美生」氏は、この文に続けてこうも述べている。

「いたずらに危険をおそれて堅牢なる城廊を一歩も出得ぬようでは遂に名をなすこと、限りある時間をもって成し得ぬ」

赤黒の後進のみならず、すべての若きラグビー人に捧げたい言葉だ。

ラグビー

藤島大(ふじしまだい)

1961年東京生まれ。秋川高校-早稲田大学でラグビー部に所属。雑誌記者、スポーツ紙記者を経てフリーに。著述業のかたわら、国立高校や早稲田大学のラグビー部のコーチも務めてきた。
著書に『ラグビー特別便』(スキージャナル)、『スタジアムから喝采が聞こえる』『ラグビーの世紀』(洋泉社)『知と熱』(文藝春秋)などがある。

  • ラグビー
  • 早稲田大学ラグビー蹴球部
  • シニアチーム
  • レディースチーム
  • スクール情報
  • ニュース・コラム
  • 楕円球コラム~Extra~
  • Wonderful Rugby
  • “Roo”のスポーツクリニック
  • 北信越支部