ラグビー

  • ラグビー
  • 早稲田大学ラグビー蹴球部
  • シニアチーム
  • レディースチーム
  • スクール情報
  • 概要
  • ラグビースクール通信
  • スケジュール
  • スクールへのお申し込み
  • クラブソング
  • ニュース・コラム

ラグビースクール通信

ラグビースクール通信vol.100 4/22の練習風景投稿日時:2018/04/23(月) 11:02

雨で中止となった先週と打って変わって、
「真夏日」「熱中症」というキーワードが躍る太陽輝く日となりました。

7:45 早稲田大学上井草グラウンドの門が開けられます。




太陽に照らされた朝露がきらきらと輝くグラウンドが、プレイヤーを迎えます。
4月に張られたばかりの天然芝は、毎日休むことなく丁寧にお手入れされてふかふかです。

転んでも痛くありません。転んでもそのまま寝ていたいくらい気持ちがいいのです。

 
8:15 ワセダクラブ・ラグビースクールの全体朝礼が始まります。
今日の朝礼はC2a(小1)小島コーチが担当しました。
クラブ1の美声(大きな声)の持ち主で、その迫力には誰もが一度は震えます。

手前から小6、小5・・・と並び写真奥が年少さんになります。
写真では大きなお兄さんたちの陰に隠れてしまいましたが、
体は小さくてもラグビーを楽しむ気持ちは一番!




今回はそんな年少さんをクローズアップ。
C1a(年少)児島コーチ、山川コーチの「おはようございます!」の声に、
全身で「おはようございます!!」と返す子供たち。
お母さん、お父さんに抱かれたままの子もいれば、早く駆け出したくてうずうずする子。

準備体操を終え、さあグラウンドを走れ!!コーチの掛け声とともに、走る走る走る!






お父さんのシッポを取るんだ!!!
前から後ろから、大人にはできない俊敏な動きで大人を惑わせます。
お父さんもお母さんも、子供に負けじと汗をかいて逃げ回ります。

シッポ取り、だるまさんが転んだ、などのメニューをこなしてあっという間に1時間半。

気温が29度もあるなか、たくさん動き回りました。






最後はしっかり整理体操をして、体と心を整えます。
もう寝てしまう子も。
朝早かったもんね。暑かったもんね。走ったもんね。
年少コーチとしてキャリアの長い児島コーチは言います。

「慣れるまで朝も無理をせず、来れるときに来てください。
好きなメニュー、嫌いなメニューがあると思います。慣れるのに夏くらいまでかかるかな、
と考えています。無理をせず楽しみに来てください。」と。


途中で泣き出してしまう我が子、なかなか上手にできない我が子の姿に焦りを感じるのが親心。
そんな親心を汲み取ってくれるコーチ。

ワセダクラブ・ラグビースクールでは、まず、ラグビーを好きになってもらいたいと思っています。

「好き」の気持ちが、自らを動かす原動力となり、上達に導くものと信じています。






整理体操を終えたら、さようならタッチです!

我さきにと走ってコーチのもとへ「さようなら!パンッ!!」
スクールコーチの中でも大きな身体を誇る児島コーチと山川コーチ。
小さな手をしっかり受け止めます。
「よく頑張ったね。」「また来週待ってるよ!」思わず抱きつく子供も。
 
この笑顔をまた来週!!
Is this your game?



 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ラグビー

  • ラグビー
  • 早稲田大学ラグビー蹴球部
  • シニアチーム
  • レディースチーム
  • スクール情報
  • 概要
  • ラグビースクール通信
  • スケジュール
  • スクールへのお申し込み
  • クラブソング
  • ニュース・コラム
  • 北信越支部
  • 関西支部