ブログ一覧

ブログ 2007/4

■Vol.29「大学3年生を交えての開校式」[ラグビースクール通信]

投稿日時:2007/04/18(水) 16:49

 4月15日、ワセダクラブ・ラグビースクールは、約40名の新入生を迎えて2007年度のスタートを切りました。

 当日はお天気にも恵まれて、プレイヤーたち、保護者、コーチを含めると500人近い関係者が集まって、フカフカの芝の上で開校式を行いました。

 昨年度までとちょっと変わった点は、今年度から早大ラグビー部の3年生全員が学生コーチとして、各カテゴリーの練習を教えてくれるようになったことです。

 みんな、初対面の子供たちの前でちょっと照れながらも自己紹介をして、それぞれのカテゴリーで練習に移りました。ウォーミングアップを指導してくれたり、お手本となる激しいプレーを見せてくれたり、タックル台になってくれたり…。早くも子供たちに溶け込んで、熱心に指導をしてくれました。これからも1年間よろしくお願いします。

 

Vol.14 足関節捻挫の再発予防のテーピング[“Roo”のスポーツクリニック]

投稿日時:2007/04/09(月) 15:09

今回は足首捻挫の再発予防のためのテーピングを紹介したいと思います。足首のテーピングを巻けるようになると、全身すべての関節のテーピングが巻けるようになると言っても過言ではないくらい、テーピングの基本的な技術のほとんどが含まれています。
今回は全部で2種類の足首のテーピング方法を紹介します。

☆絶対に守ってほしい事
テーピングをしてスポーツに参加する前(特に怪我からの復帰の場合)に必ず医師の診察を受けましょう。テーピングは万能ではありません。関節の可動域を制限したり、圧迫をする事により選手のPerformanceを助ける役割があるだけです。

テーピングで使われるテープの紹介

【左上】ロイコテープ→素材がレーヨン(化学繊維で非常に粘着力が強い)
【左下】ホワイトテープ(コットンテープ)
【真ん中上】伸縮テープ
【真ん中下】ソフト伸縮テープ
【右上】カバーロール
【右下】アンダーラップ


テーピングの効果&役割

  • ある特定の関節可動域の制限が可能
  • 患部の圧迫ができ、パフォーマンス低下を防ぎ、痛みの軽減が可能(特に肉離れ、打撲時)
  • 安心感が得られる
  • 傷害予防に効果的(再発予防も含む)
  • 応急処置に効果的

足首のテーピングに使われるテクニック

  1. アンカー

    すべてのテープの土台になるテープです。

  2. スターアップ

    アンカーから内くるぶしの上のアンカー→足底→外くるぶしを通って、アンカーまで巻くテープ。このテープがスターアップです。足首の内反制限をします。

  3. ホースシュー
    くるぶしの上5cmぐらいから数本下方へ馬蹄のようなテーピングを巻きます。このテープがホースシューです。
  4. フィギャーエイト

    内くるぶしから足裏に向けてテープを少し引っ張りながら張ります。足の裏を通り、巻き始めた位置に戻ってきます。そのままアキレス腱の上を通り、足首にテープで8の字を作ります。このテープをフィギャーエイト(底背屈の制限)

  5. ヒールロック

    写真のような、なんとも複雑なテープです。脛から巻き始め、足首全体をスパイラルしながら踵の骨を固定します。足首の内反及び外反の制限をします。

自分ひとりで巻けるテーピング

<用意する物>
50mmのソフト伸縮タイプのテーピング(手で切れるもの)
アンダーラップ

  1. 足首を90度にします
  2. アンダーラップを足首全体に巻き、皮膚を保護します。

  3. フィギャーエイト
  4. そのまま、ヒールロックを連続して行います

  5. ヒールロックは2回やります。

  6. 下腿まで巻き上げて完成です。

より固定力が強く、ラグビーの動きにあったテーピング
(他の人に巻いてもらいましょう)

日本で一般的に行なわれている足首のテーピングは底背屈の制限が極めて強いものです。
しかし、キックも重要なPlay要素であるラグビーにおいては、底背屈制限はPerformance低下を引き起こす原因になりかねません。
また足部のアンカーテープは足底アーチの低下などの足部の痛みを誘発します。
今回紹介するテーピングはよりラグビー選手に適した方法です。

<用意する物>
3.8mmのホワイトテープ
50mmのソフト伸縮タイプのテーピング(手で切れるもの)
アンダーラップ

  1. 足首を90度にします
  2. アンダーラップを足首全体に巻き、皮膚を保護します。

  3. アンカーを2本脛に巻きます。

  4. スターアップを2本やります。

  5. スターアップを固定するためのテープを1本巻きます
  6. シックステープを巻きます

    ・シックステープとは・・・
    ラグビーにおいて過度の底背屈制限はパフォーマンス低下を引き起こす原因になります。したがって、よりラグビーに適したテーピングとしてフィギャーエイトとスターアップの中間のテープのシックステープが適度な底背屈の制限が出来、なおかつ内反・外反の制限も出来るため非常に効果的です。

  7. ヒールロックは2回やります。

  8. 最後にソフト伸縮テープでもう一度ヒールロックをやり、下腿まで巻き上げて完成です。

(完成)写真を見てわかるように、足部のアーチにはテープがありません。

<< 2007年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事

ラグビースクール通信 ラグビースクール通信vol110 7/15の練習風景  2018/07/17(火) 09:54
ラグビースクール通信 ラグビースクール通信vol109 7/1の練習風景  2018/07/13(金) 11:01
ラグビースクール通信 ラグビースクール通信vol108 二都県大会遠征の様子  2018/06/25(月) 15:31
ラグビースクール通信 ラグビースクール通信vol107 6/17の練習風景  2018/06/18(月) 16:41
ラグビースクール通信 ラグビースクール通信vol106 6/10の裏側  2018/06/12(火) 12:11
ラグビースクール通信 ラグビースクール通信vol105 6/3の練習風景  2018/06/04(月) 12:55
ラグビースクール通信 ラグビースクール通信vol104 5/27の練習風景  2018/06/04(月) 12:00
フェンシングスクール通信 第19回東日本少年個人フェンシング大会で入賞  2018/05/28(月) 15:54
ワセダクラブM.F./G.B.情報 お問い合わせ先  2018/05/25(金) 17:05
ラグビースクール通信 ラグビースクール通信vol103 5/20の練習風景  2018/05/25(金) 15:05
ラグビースクール通信 ラグビースクール通信vol.102 5/6の練習風景  2018/05/10(木) 16:47
ラグビースクール通信 ラグビースクール通信vol.101 4/29の練習風景  2018/05/01(火) 13:04
ラグビースクール通信 ラグビースクール通信vol.100 4/22の練習風景  2018/04/23(月) 11:02
ラグビースクール通信 ラグビースクール通信vol.99 2018年度開校式  2018/04/08(日) 14:01
フェンシングスクール通信 2017年目黒区フェンシング大会2名入賞  2017/09/21(木) 13:58
フェンシングスクール通信 2017年全国小学生大会入賞  2017/09/21(木) 13:56
フェンシングスクール通信 2017年杉並カップ ワセダクラブから入賞多数  2017/09/21(木) 13:54
フェンシングスクール通信 平成29年5月スクール通信  2017/05/26(金) 12:53
ラグビー レディース通信 ■Vol.235 2017.4.22 練習レポート  2017/04/27(木) 11:33
ラグビー レディース通信 ■Vol.234 2017.4.15 練習レポート  2017/04/19(水) 19:56