ブログ一覧

ブログ 2008/1

次へ>>

アフタースクール1月の授業[アフタースクール通信]

投稿日時:2008/01/31(木) 15:20

第3週 『地球温暖化を知ろう2』
年末に引き続き『不都合な真実』を教材に、環境問題を考えました。「蚊が増えると何故病気も増えるの?」「息をしなければ温暖化は防げる?」様々な疑問が出てきました。授業の中で理屈として知った事実は、これからの生活の中で実感する機会が増えるでしょう。そのときまた同じように、何故?どうすれば良い?と考えられる、「未来を変えられる人」になって欲しいと心から願います。まずは、考えること。身近なことから始めましょう。
kankyou1.jpgkankyou2.jpg

第4週 『ことわざかるた作り』
4月から学んできたことわざを題材にした、4コマ1組のかるたを作り、ことわざの総復習をしました。一つのことわざの例文を4コマのマンガにして、意味を詳しく説明します。このワークには①実際の生活でことわざを使う応用力、②承転結で物事を説明する力、を磨く要素が詰まっています。日頃のアフタースクールでの自習時間にも実践していますが、ぜひ日頃の家庭学習でも取り入れて欲しい学習法です。最後はお正月の授業としてかるた取りをしました。
karuta1.jpg

第5週  1月特別授業『食べもののはたらきを知る』
1月の特別授業はフードコーディネーターの青山友子先生をお招きして、食育をテーマに授業をします。以前の特別授業で学んだ栄養の知識を思い起こし、活かすチャンスです。毎日口に入れる食べ物のはたらきを学び、最終的には演劇を通して表現しました。

映像はこちらです

http://www.m-telebee.jp/tv/afterschool

syokuiku1.jpgsyokuiku3.jpg

syokuiku2.jpg

Vol.12「新潟市万代シティーイベントのご報告」[北信越スクール通信]

投稿日時:2008/01/28(月) 14:19

12月16日、新潟市万代シティーのイベントに参加いたしました。

 

cheer-12-1.jpg

 

cheer-12-2.jpg

 

 

Vol.11「第二回クリスマス発表会のご報告」[北信越スクール通信]

投稿日時:2008/01/26(土) 20:06

12月24日に糸魚川スクールと上越スクールでクリスマス発表会を行いました☆会場には約300人もの方々にお越し頂きありがとうございました。これからもチアダンスの発展に力を入れて行きたいと思います!!

 

<糸魚川発表会>

糸魚川では「チアリーディング」と聞いてもピンと来る人は少なかったとおもいます。

約2年間糸魚川スクールではたくさんのイベントに出演してきました。野球の試合などチアリーディングの講習会にも参加し、その成果もあり多くの子供たちの成長を体で感じることができました。現在スクール生は70名です。高学年のクラスはチアリーディング大会への練習を行い、幼児クラス・低学年クラスではチアリーディングの楽しさ、技術向上の練習に励んでいます。もっともっと糸魚川でのチアリーディング発展を願って練習していきたいと思います☆

 

上越発表会>

幼児クラスはかわいく☆小学生クラスはちょっぴり大人に☆強化チームはカッコよく☆

とても見ごたえがありましたね。側転も上手になってました。バクテンもすごかったよ。

一年前のクリスマス発表会に比べてとても成長していました。特に強化チームはいろいろな大会を経験し、オーディションを経験し、がんばってきましたね。辛い事を乗り越えてこその笑顔だったと思います。緊張していた子、失敗した子は次こそ成功して笑顔で踊りましょう!!

 

cheer-11-1.jpg

 

cheer-11-2.jpg

 

cheer-11-3.jpg

 

cheer-11-4.jpg

 

cheer-11-5.jpg

 

cheer-11-6.jpg

 

 

 

Vol.10「☆ワセダクラブRG新潟☆」[北信越スクール通信]

投稿日時:2008/01/26(土) 19:40

大きな夢に向かって!
ワセダクラブRG新潟を発足して2年目を迎え、メンバーも幼児から中学生と幅広い年齢層になってきました。
心、技、体、知を基とし、各コースの特色を幹に、子供達ひとりひとりが新体操を通して楽しく体を動かし感動や喜びを感じられる様に取りくんでいます。
昨年は、第1回目の発表会で、御家族の皆様に日々の練習の成果を見ていただく事ができました。
この発表を通してグループをまとめようとする様子、コツコツ演技に取りくむ様子、皆と合わせようと一生懸命に演技をするなど、いろいろな場面で努力・協力をする姿を目の当たりにし大切に育みたいと実感しています。
県内の大会では団体4位、個人においても少しずつ成績を伸ばしており、子供達が手具と格闘しながら日々練習に励んでいる様子をみて技術的にはまだまだですが、本当に新体操が好きなのだと感じます。
県内外の大会で上位活躍するプレイヤーを育成するにはベストな環境とは言えませんが、子供達には目標を高く、強い意志を持てるよう一歩ずつ確かな取り組みをしていきたい。
この2年間いろいろな取り組みができましたのも、保護者の皆様の深い理解と温かな支援のおかげと改めて感謝すると共に私達指導者も子供達に負けないよう努力していきたいと思います。

 

                                                                                ワセダクラブ北信越支部 柴田美晴

 

cheer-10-1.JPG

 

cheer-10-2.JPG

 

 

Vol.20 Core Strength Training[“Roo”のスポーツクリニック]

 written by 後藤 禎和投稿日時:2008/01/17(木) 12:52

Core Strength

 

あるオーストラリア人のコーチが言った一言。

「ラグビー強豪国の選手と日本人選手の違いは、コア(体幹)の強さである」

 

ここ数年、コアトレーニング・コアスタビライゼーション・コアコンディショニング・コアリラクゼーションなど「コア」とつく言葉をよく雑誌やテレビで見るようになっているかと思います。

 

今回はコアとはいったい身体の何処の部位をさすのか?

どうやったら、Core Strengthが付くのかを考えてみたいと思います。

 

・コアとは

「コア」とは身体の何処を指すのか明確に定義されていないのが現状です。「コア」=体幹、「コア」=腹筋・背筋、「コア」=身体の中心など単純化した考え方が出来ない訳ではないのですが、実際にそれだけでは不十分です。

 

「コア」とは「背骨をサポートする筋肉、及び背骨と接する関節(特に肩甲骨と骨盤)に関与する筋肉の総称である。」と私は定義したいと思います。

 

なぜこのように定義するかと言うと、人間は脊椎動物であり、背骨をまず中心に考える必要があるのです。また、動作において力発揮の源は体幹部にあると言われています。

 

これはある研究で腹横筋(深部腹筋→図1参照)の筋収縮は上肢(腕)の運動開始において0.03秒前、下肢(脚)の運動開始において0.11秒前に起こるという事実を背景にしています。(参考文献:Hodges P W,Richardson C A.Inefficient muscular stabilization of lumber spine associated with low back pain:A motor control evaluation of transverses abdominis.Spine.1996;20:757-762)このように全ての動作(立つ・座る・歩く・走るなど)は腹横筋の筋収縮から始まる事により動作をスムーズに行うことができるのです。スポーツにおいてももちろん同じです。

 

20-1.JPG

図1:体幹の断面図(参考文献:稲葉晃子.コアスタビライゼーションの重要性.Training Journal.2003;11:41-45)

 

スポーツ動作においてパフォーマンスとして表現するためには、上半身(腕)・下半身(脚)をスムーズに動かさなければいけません。上半身・下半身のスムーズな運動のためには、肩甲骨周囲及び骨盤周囲の柔軟性と筋力が必要不可欠です。

 

スポーツ動作において体幹部の筋肉は上半身と下半身との連動や下半身において生み出された力を上半身に伝えるために重要な役割を果たしているため、「コア」のトレーニングを無視する事は出来ないのです。

 

     なぜCore Strengthが必要か?

パフォーマンスの向上

 

①状況判断能力の向上

Core Strengthが付くことで、体幹部に軸が出来る。体幹部が安定すると姿勢が良くなり、視界が広くなり状況判断能力が向上します。

 

②運動能力の向上

上半身と下半身の連動がスムーズに行えるようになり、ムラのないスムーズな動きが可能になる。効果として、

1.足が速くなる

2.ジャンプ力がつく

3.キック力がつく

4.強いタックルができるようになる

5.強いスクラムが組めるようになる

6.俊敏性が身に付くなど...

 

このように良いことばかりなのです。

 

     実戦 Core Strength Training

一生懸命、たくさん上体起こし腹筋をすればCore Strengthは付くでしょうか?

残念ながら答えは「No」です。

 

Core Strengthに関係している筋肉は、背骨のまわりなど身体の深部にあります。従って、いくら目に見える、筋肉を鍛えてもCore Strengthは付きません。

 

さて、どうすればCore Strengthは身に付けられるのでしょうか?

答えは・・・

不安定な状態などでTrainingを行うことで、身体は自然にバランスを保とうとして、Core Strengthに関係する筋肉を鍛える事が出来ます。

 

多くのCore Strength Trainingがバランスボールやバランスディスク、ストレッチポールなどのバランス系道具を使って行われています。その他自体重を活用したEx.も多くあります。また、ヨガやピラティスと言った呼吸法に着目し、かなり遅い動きを不安定な姿勢で繰り返し行うこれらもCore Strength Trainingと言うことが出来ます。このように一言にCore Strength Trainingと言っても多様です。

 

実際に多くのSuper14のチームで週に1回程度のヨガまたはピらティスのレッスンを行っています。

 

具体的なエクササイズを紹介しましょう。

 

Prone Bridge

Ex.姿勢:腕立て伏せの開始姿勢、またはその状態で写真のように肘で身体を支えます。踵から頭までが一直線になるよう腹部に力をいれましょう。

Ex時間:Ex姿勢を60秒間Keep

20-2-2.JPG

Side Bridge

Ex.姿勢:写真のように肘立ちで横向きになります。お尻を地面から浮かし、身体を足から頭まで一直線になるように腹部に力をいれましょう。

Ex時間:Ex姿勢を60秒間Keep

20-3-2.JPG

Low Back Isolation

Ex.姿勢:膝を曲げて仰向けに寝ます(Ex.開始姿勢)。Ex.開始姿勢から腰を地面から浮かし、肩から膝までが一直線上になるように腹部・臀部・もも裏に力をいれましょう。

Ex時間:Ex姿勢を60秒間Keep

20-4.JPG    20-5.JPG 

 

Kneeling Arm&Leg Raise

Ex.姿勢:四つんばいから右手と左足を伸ばします。踵から手の指先までが一直線になるように腹部・臀部に力をいれましょう。

Ex時間:5秒かけて手足を伸ばし、5秒Keep、5秒かけて手足を戻し、左右の伸ばす手足を変えましょう。左右10回ずつしましょう。

20-6.JPG

 

Balance Ball Roll Out

Ex.姿勢:写真のようにバランスボールの上に肘を置き、膝立ちになります(Ex開始姿勢)。Ex開始姿勢からバランスボールを前方に転がし、膝から肩までが一直線上になるように腹部・臀部に力をいれましょう。

Ex時間:2秒かけて前方へ移動、2秒かけて元のEx開始姿勢に戻ります。それを12回繰り返します。

20-7.JPG

 

Jackknife

Ex.開始姿勢:足をバランスボールの上に置き、腕立て伏せの開始姿勢になります(Ex開始姿勢)。バランスボール前方に転がしながら、膝を胸に近づけます。

Ex時間:2秒かけて膝を曲げ、2秒かけてEx開始姿勢に戻ります。それを12回繰り返します。

20-8.JPG    20-9.JPG

 

Balance Ball Supine Bridge

Ex.姿勢:膝を90度に曲げて、バランスボールの上に肩(上半身)をのせます。膝から頭までが一直線になるように腹部・臀部・もも裏に力をいれましょう。そこから片一方の足を一直線に伸ばします。

Ex時間:左右10回ずつ足を伸ばしましょう。

20-10.JPG    20-11.JPG

 

ここからは、少しラグビーに特化したEx.の紹介です。All BlacksやWallbiesもまったく同じEx.をやっています。

 

Scrum Isolation

Ex.姿勢:スクラムの開始時の姿勢(クラウチの姿勢)になり、パートナーに背中や肩などをあらゆる方向に押してもらいます。この時に、腹部・臀部に特に力が入っている事を意識してください。

Ex時間:Ex姿勢を30秒間Keep。

20-12.JPG

 

1 on 1 Scrumming

Ex.姿勢:1対1のスクラムです。四つんばいから、スクラムの姿勢まで膝を浮かします。もちろん手も地面から離します。

その際、膝と股関節の屈曲角度が90度になるようにしましょう。また背中が丸まったり、過度に反り返ってはいけません。お尻から肩まで一直線(ニュートラルポジション)になるようにし、腹部・臀部に特に力が入っている事を意識してください。

Ex時間:2秒かけてあがり、5秒上でKeepして、また2秒かけて戻りましょう。それを5回繰り返します。

20-13.JPG

次へ>>

<< 2008年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事

フェンシングスクール通信 2017年目黒区フェンシング大会2名入賞  2017/09/21(木) 13:58
フェンシングスクール通信 2017年全国小学生大会入賞  2017/09/21(木) 13:56
フェンシングスクール通信 2017年杉並カップ ワセダクラブから入賞多数  2017/09/21(木) 13:54
フェンシングスクール通信 平成29年5月スクール通信  2017/05/26(金) 12:53
ラグビー レディース通信 ■Vol.235 2017.4.22 練習レポート  2017/04/27(木) 11:33
ラグビー レディース通信 ■Vol.234 2017.4.15 練習レポート  2017/04/19(水) 19:56
ラグビー レディース通信 ■Vol.233 2017.3.25 練習レポート  2017/03/30(木) 17:45
ラグビー レディース通信 ■Vol.233 2017.3.18 練習レポート  2017/03/24(金) 13:46
ラグビー レディース通信 ■Vol.232 2017.3.11 練習レポート  2017/03/21(火) 15:46
ラグビー レディース通信 ■Vol.231 2017.3.5 練習レポート  2017/03/06(月) 12:24
ラグビー レディース通信 ■Vol.230 2017.2.18 練習レポート  2017/02/27(月) 16:52
ラグビー レディース通信 ■Vol.229 2017.2.25 練習レポート  2017/02/27(月) 11:02
フェンシングスクール通信 平成29年2月スクール通信  2017/02/17(金) 11:23
ラグビー レディース通信 ■Vol.228 2017.2.11 練習レポート  2017/02/17(金) 11:18
ラグビー レディース通信 ■Vol.227 2017.1.28 練習レポート  2017/01/30(月) 17:49
ラグビー レディース通信 ■Vol.226 2017.1.14 練習レポート  2017/01/30(月) 11:48
ラグビー レディース通信 ■Vol.225 2016.12.10 練習レポート  2016/12/19(月) 11:42
ラグビー レディース通信 ■Vol.224 2016.11.26 練習レポート  2016/12/02(金) 16:37
ラグビー レディース通信 ■Vol.223 2016.11.19 練習レポート  2016/11/21(月) 13:54
ラグビー レディース通信 ■Vol.222 2016.11.12 練習レポート  2016/11/17(木) 12:29