ブログ一覧

ブログ 2014/4

次へ>>

ラグビースクール通信 vol.85 2013年度 中学3年生、卒業生大会[ラグビースクール通信]

投稿日時:2014/04/28(月) 15:28

2014年3月21日(金・祝)
とうとう卒業生大会です!
201404281805_1-300x0.jpg 
ワセダクラブRSは合同Eチーム。
合同チームを組んだのは西東京RSと、みなとRSです。それぞれのユニフォームを貸し借りしながらの試合です。

まずは対Dチーム(世田谷、昭島合同)戦
201404281805_2-300x0.jpg 201404281805_3-300x0.jpg
201404281805_4-300x0.jpg 201404281805_5-300x0.jpg 201404281805_6-300x0.jpg   【結果】 Eチーム 0 - 19(3T2G) Dチーム

続いて第2試合は対Aチーム(府中JRC)戦
201404281805_7-300x0.jpg 201404281805_8-300x0.jpg 201404281805_9-300x0.jpg 201404281805_10-300x0.jpg 201404281805_11-300x0.jpg   【結果】 Eチーム 17(3T1G) - 7(1T1G) Aチーム

そして最終試合は対Cチーム(八王子、武蔵野合同)戦。
201404281805_12-300x0.jpg 201404281805_13-300x0.jpg
201404281805_14-300x0.jpg 201404281805_15-300x0.jpg
201404281805_16-300x0.jpg   【結果】 Eチーム 5(1T) - 21(3T3G) Cチーム
              そして卒業生大会、閉会です。 201404281805_17-350x226.jpg 

201404281805_18-342x225-342x225-342x225-324x225-324x225.jpg 201404281805_19-331x226.jpg
最後に集合写真☆
卒業生が今後どのような活躍をしていくのか、今から楽しみです!

ラグビースクール通信 vol.84 2013年度 中学3年生、全早明中学生大会[ラグビースクール通信]

投稿日時:2014/04/28(月) 15:23

2014年3月16日(日)
2013年度全早明中学生大会が開催されました。
ワセダクラブ・ラグビースクール生は早稲田実業生と合同で全早稲田として試合に臨みました。

全早稲田チームでアップ!
201404281727_13-300x0.jpg 201404281727_14-300x0.jpg
開会の挨拶                                  そして試合開始です!
201404281727_15-328x225-328x225-328x225.jpg 201404281727_16-320x225-320x225-320x225.jpg 201404281727_17-300x0.jpg 201404281727_18-300x0.jpg
 201404281727_19-300x0.jpg 201404281727_20-300x0.jpg
201404281727_21-300x0.jpg 201404281727_22-300x0.jpg
 
ノーサイド!
201404281727_23-300x0.jpg 201404281727_24-300x0.jpg
【結果】
前半
全早稲田10(2T)-5(1T)全明治
後半
全早稲田33(5T4G)-14(2T2G)全明治
合計
全早稲田43(7T4G)-19(3T2G)全明治

みんなで集合写真も撮りました。その中のワセダクラブラグビースクール生の集合写真がこちら☆
201404281737_1-300x0.jpg 201404281737_2-300x0.jpg
(全員がカメラ目線の写真ではないのですが、これはこれで「らしく」ていいかなと思います。)

そして着替え終わったらアフターマッチファンクションです。
201404281737_3-300x0.jpg 201404281737_4-300x0.jpg
コーチや顧問の先生、レフリーの方からの講評や、記念品の贈呈、クラブソング/部歌の斉唱などが行われました。
残るは卒業生大会です!

ラグビースクール通信vol.83 2013年度 中学3年生、修了式[ラグビースクール通信]

投稿日時:2014/04/25(金) 17:32

2014年3月2日(日)
2013年度ワセダクラブ・ラグビースクール修了式です。
まだ試合はありますが、スクールが先に修了式を迎えます。
中学3年生から下級生への豚汁を振る舞う恒例行事も執り行われました。
201404281621_1-208x224-208x224-208x224-208x224-208x224-208x224-208x224-208x224-208x224.jpg 朝早くから集まって、みんなで準備開始です!201404281621_2-210x225.jpg
  201404281621_3-223x223-307x223-307x223-307x223-307x223-307x223-307x223-307x223-307x223.jpg 201404281621_4-218x224.jpg
 201404281621_5-289x224-318x224-318x224-326x224-326x224-326x224-315x224-315x224-315x224.jpg 201404281621_6-263x224.jpg 第1弾完成☆
配膳開始です。 201404281621_7-222x224-222x224-222x224-222x224-222x224-222x224-222x224-222x224-222x224.jpg 201404281621_8-306x225.jpg
201404281621_9-300x0.jpg 201404281621_10-300x0.jpg
201404281621_11-300x0.jpg 201404281621_12-300x0.jpg
あいにくのお天気でしたが、豚汁を無事に配ることができました。

そして、修了式です。 201404281621_13-300x0.jpg
一人ずつに証書と記念品の贈呈。そして卒業生達は様々な抱負を述べていきました。修了式後には記念撮影!
201404281621_14-333x225-333x225-333x225-333x225-333x225-333x225-333x225-333x225-333x225.jpg 201404281621_15-267x225.jpg
もちろん、自分たちも豚汁を食べました☆201404281708_10-300x0.jpg 
後片付けが済んだら、卒業生・卒業生の保護者の方々・後藤校長・コーチそしてスタッフで、最後の交流会です。
 201404281708_11-300x0.jpg 素敵な寄せ書きのプレゼントもありました(*^^*)
201404281708_12-192x224-192x224-192x224-192x224-192x224-192x224-192x224-192x224.jpg 201404281708_13-223x225-223x225-223x225-223x225-223x225-223x225-223x225-223x225.jpg 201404281708_14-215x224.jpg
       桑島ACL                     貫井AC                    武川CC 
201404281708_15-159x224-159x224-159x224-159x224-159x224-159x224-159x224-159x224.jpg 201404281708_16-253x225.jpg 
    事務局 丸山                  瀬尾総務   

卒業生の保護者の方から、卒業生への一言。このあと卒業生からの答辞(?)もありました。 そして後藤校長から一言。          
201404281708_17-340x225-336x225-336x225-336x225-336x225-336x225-336x225-336x225.jpg 201404281708_18-324x224.jpg

この日のことも、みなさんの思い出の1つになってくれたら嬉しいです。

■Vol.117 2014.4.19練習レポート[ラグビー レディース通信]

投稿日時:2014/04/21(月) 15:01

練習メニュー
 
1.タッチフットwithシニア
2.おにごっこ
3.4列パス
4.2対1
5.3対2
6.相撲
7.タックル&ヒット
8.ヒット&ハンマー
9.タッチフット
10.有志で綱登り
 
今日はいつもより練習メニューが多かったので、集中を切らさずにできた。
これからも集中してテキパキやれば、時間を有効活用できて、いっぱい練習ができるなと思った。  七海

201404211512_3-350x0.jpg201404211512_4-230x0.jpg















 

Vol.25 それぞれのPlus One―[後藤禎和 『緊張・継承・創造』]

投稿日時:2014/04/16(水) 14:49




  新チームスタートから早一カ月半。『創造』を旗印に掲げる男たちは、積み上げられた土台を崩すことなくしっかり受け継ぎ、ブレることなく、明るく、前向きに、ファーストフェーズを乗り越えた。



 「創造というのは、とても難しいことで、その難しいことなり、ものが、いくつも簡単にできる訳がない。まずは、何かひとつ。今までにない強みを何かひとつでいいから作り上げて欲しい」。いよいよ始まる春シーズン。それぞれに求められる、次への一歩―




 

 

 





後藤禎和 『緊張・継承・創造 Vol.25』

編集・疋田拡



 

 








―新チームスタートから一カ月半が経過しました。感触はいかがでしょう








 雰囲気はいいんじゃないかな








―それは明るかったり、前向きだったりということでしょうか







 そうね。4年生が、役職のある人間だけではなく、みんなで声を出しているというのもあるし、下のチームの人間もやる気が感じられて









―この期間、最も力を入れてきたことは








 もちろんフィジカルのところと、今週も含めて、この3週間はランニングフィットネス。技術的なところを言えば、昨年までのおさらいをしている感じかな



 


201404161504_1.jpg






―「積み上げられたものがある」と、昨シーズン終了後に言われていましたが、それは技術的な面にも当てはまるのでしょうか。おさらい。できているのか







 これまで人工芝しか使えてなかったからね。今週から天然芝のフルコートで練習して、週末に試合をしてみないと何とも言えないんだけど、積み上げがあると想定してプログラミングしているから、ないと困るよ










―体作りの面で言えば、この春から部の大多数を占める外勤生に対して、練習後の食事をケータリングで部が用意することになりました。かなりの英断ではないかと







 サイズアップが最重要課題のひとつとしてあるなかで、昨年までは限られた予算のなかで最大効率を求めるべく、寮生に限って部の予算を当ててきた。でも、サンプル調査してみると、同じタイミングで体を大きくしたいとなったときに、寮生と外勤生の間で差が出てきてしまっていたという事実がある。チーム全体で整えていくためには、今年に関しては、外勤生の食事を改善すべく、そこに予算を当てていこうということだね










―始めての感触は







 分からん(笑)。3週間やそこらで大きくなるなら苦労しないから










―フィジカル面である程度、帝京大との差を詰められたという感触を持っての次なる一手。昨年までと変わってくるのでしょうか








 特別なことはない。この差を地道に埋めていく。要は、進歩なり成長のスピードをライバル校より早めていく。それだけのこと。今年の1月の差を、この一年間で更に、できるだけ縮めていく。可能ならば、肩を並べるところまでいく


 


201404161504_2.jpg






―ファーストミーティングでは、『創造』Plus Oneという言葉を掲げましたが、ここに込めた想いを改めて








 創造というのは、とても難しいことで、その難しいことなり、ものが、いくつも簡単にできる訳がない。まずは、何かひとつ…というのが大きな意味。これはチームとしてもそうだし、選手ひとりひとりにも置き換えてもらって、今までにない強みを何かひとつでいいから作り上げて欲しい。もっと言えば、強みを伸ばすというよりは、弱点なり課題として捉えている部分を克服して、新たな強み、もしくは更なる強みを創って欲しいと











―これまで以上の規模で大掃除をしたり、4年生の担当する仕事が増えたり、といった変化はどう映っているのでしょう








 大掃除は俺がやれって言ったから(笑)。まぁ、これは就任当初から言っているけれど、練習にしろ規律面にしろ、やれと言われて、やせ我慢してやるというのが俺自身が大嫌いだったから、自分たちでその必要性を感じてやり始めているのは、いいことだと思う










―先日の入部式をもって4学年揃いました。今年の一年生を言葉にすると








 史上最高の…は言い過ぎだな(笑)、近年最高のバックスと……って感じ










―25人はちょっぴり寂しい気がします







 そりゃ、そうだよ。でも、25名前後が適正といえば、適正なんだけどね。素材がバランスよく揃っていれば


 


201404161504_3.jpg






―新人練で仕込みたかったこと、伝えたかったことは。いつもより早いスタートでした







 中身はいつもと同じかな。スタートに関しては、他のスケジュールとの兼ね合いで、入部式をどうしてもその日にしなければいけなかったからね。それにどう考えても、早く始めるに越したことはないし。今回は、大学からの許可も下りてこうした形になった











―新歓試合はどう映ったのでしょう







 決して弱くないんだよね…、一年生。バックスふたりをFWにもっていって試合をしたというのはあるんだけど、その分スクラムをノーコンテストにして、それが優位に働くこともあった訳だから。むしろ2年生が強かったんじゃないかな









―素材としては悪くないと







 悪くないね。FWが絶対的にいないから、そこは問題ではあるけれど。いや、これは大問題だな…。バックスからの転向も十分に考えられる


 


201404161504_4.jpg






―試合で見えた新人練の成果、感じた可能性などは







 あの試合ではなかなか通用する場面がなかったんだけど、すごくしゃべれるんだよね。何回かの練習についたんだけど、言ったことがスーッと伝わっていくような感覚があった。言われたことを、ある程度一回で理解して、それをプレーに体現できる能力、理解力が高いから、いざチームトークをしても自分たちからしゃべれる









―新人総代には吉岡を指名しましたが、その部分に秀でていたと







 ちょっと悩んだところもあったんだけど。そういった意味では、みんながしゃべれる学年だった。逆に言うと、絶対的なリーダー、引っ張っていく人間がいないということにもなりかねないんだけど、吉岡は小さいながら一番体を張っていたからね










―4月の頭にはスプリングスクールを開催しました。改めて、どんな主旨で、全国の高校生たちに何を伝えたいのか







 どんな主旨も何も、いつもと一緒(笑)。落ちるかもしれないけれど、受けてねと。君たちがリスクを負って受験して、ワセダでラグビーをやってもらわないと、ワセダの未来はないと。それだけですよ

 



201404161504_5.jpg






―監督として言い続けてきたこと。参加する高校生たちにも変化が出てきているように感じました







 こちらから地道に情報発信しているから、ワセダの自己推薦を受けるには、評定がいくつなければいけないとか、こんな試験形態で~とか、これまではそれすら分からずに来ている子が多かったけれど、今年に関しては、そうした基礎情報を踏まえた上で、既に条件をクリアして、なおかつ意欲の高い子が来てくれていたから、期待できると思う










―先日大学から発表されたWAP(早稲田アスリートプログラム)。会見には後藤さんも出席されていました







 来いと言われたから(笑)。経緯としては、昨年俺が70%ルール(登録単位のうち70%を取得しない学生は練習、試合への参加を禁止)というのを設けて、その成果がある程度出たから、それに被せる形で体育会すべてに課して、大学全体で運用していこうということだね










―単位うんぬんに留まらず、「人格陶冶のための教育プログラム」とも謳われています







 単位の管理だけがクローズアップされているけれど、本来はそれが第一義ではないんだよね。元々、体育会の人間の方が一般学生よりも留年率は低いんだから。要は、ワセダの体育会はスポーツも勉強も文武両道でがんばって、世の中に有為な人材を育てて送り出していきますということ


 



201404161504_6.jpg






―別に留年したっていいじゃない。そんな声も聞こえてきそうです







 本音を言えば、俺もそんなものは個人の勝手だと思うけど、メディアを通して世の中に出てしまうわけじゃない。さっき言ったように、有能な人材にリスクを負ってまで受けてもらう、入ってもらうためには、やっぱりワセダに来たら、勉強もがんばって、尊敬されるような人間になれる。そういったことが世の中に発信されていかないと、意味なくなってしまうよね。受験してがんばって入って、高い授業料取られて、挙句の果てに留年までされて、ろくな人間にならずに帰ってきたなんてなったらさ









―フッカー担当として、中村喜徳が新たにコーチ陣に加わりました







 子供もスクールに通っていて、元々毎週末グラウンドにも来ていたからね。よく言えば、きめ細かさ。違う言い方をすると、しつこさ(笑)。そういったところを求めたい










―週末から試合が始まっていきますが、ズバリ今の状態は。すんなり試合に入っていける土台はあるのか







 やっている練習自体は、とてもじゃないけど、試合のための練習なんかできていない。ただ、フィジカル的には結構いい状態にあるという手応えはあるかな。初戦の長崎ドリームチームは、社会人の選手だからいい相手だと思う。試合内容、点差うんぬんでなくて、社会人相手に体をぶつけてどうなのかを、今週は見てみたい










―昨シーズン終了後に口にした「積み上げがある」。新チームがスタートして、いざ試合に臨んでいく今も、その思いは変わりませんか








 だから、ある程度その確信を持てたのは、先日の2年生の試合。彼らも1年間かけてやっと人間になれたのかなと(笑)



 


201404161504_7.jpg





―毎週続いていく試合。チェックしていくところは







 基本的には、帝京大しか見ていない。春の最後の帝京大をターゲットにしているので、そこで勝ちきるためにはどうあるべきなのか。最初に言ったフィジカルの差、3カ月しかないけれど、そのなかで少しでも詰める。そこが詰まれば、その影響がブレイクダウンであるとか、コンタクトの部分で現れてくるだろうから、対社会人、対外国人選手でチェックしていきたい









―最後に改めて。どんなラグビーで、どう帝京大に勝つのか







 基本的には変わらない。どうしても一端相手にボールを渡すと、取り返すのは難しいというのが過去の試合を見てもあるから、ディフェンシブな時間は長くなる。そこは我慢強く止め続けて、取り返したボールを、少ないチャンスで仕留めきる





<ワセダクラブ事務所にて 入部式を終えて>

 
次へ>>

<< 2014年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事

フェンシングスクール通信 2017年目黒区フェンシング大会2名入賞  2017/09/21(木) 13:58
フェンシングスクール通信 2017年全国小学生大会入賞  2017/09/21(木) 13:56
フェンシングスクール通信 2017年杉並カップ ワセダクラブから入賞多数  2017/09/21(木) 13:54
フェンシングスクール通信 平成29年5月スクール通信  2017/05/26(金) 12:53
ラグビー レディース通信 ■Vol.235 2017.4.22 練習レポート  2017/04/27(木) 11:33
ラグビー レディース通信 ■Vol.234 2017.4.15 練習レポート  2017/04/19(水) 19:56
ラグビー レディース通信 ■Vol.233 2017.3.25 練習レポート  2017/03/30(木) 17:45
ラグビー レディース通信 ■Vol.233 2017.3.18 練習レポート  2017/03/24(金) 13:46
ラグビー レディース通信 ■Vol.232 2017.3.11 練習レポート  2017/03/21(火) 15:46
ラグビー レディース通信 ■Vol.231 2017.3.5 練習レポート  2017/03/06(月) 12:24
ラグビー レディース通信 ■Vol.230 2017.2.18 練習レポート  2017/02/27(月) 16:52
ラグビー レディース通信 ■Vol.229 2017.2.25 練習レポート  2017/02/27(月) 11:02
フェンシングスクール通信 平成29年2月スクール通信  2017/02/17(金) 11:23
ラグビー レディース通信 ■Vol.228 2017.2.11 練習レポート  2017/02/17(金) 11:18
ラグビー レディース通信 ■Vol.227 2017.1.28 練習レポート  2017/01/30(月) 17:49
ラグビー レディース通信 ■Vol.226 2017.1.14 練習レポート  2017/01/30(月) 11:48
ラグビー レディース通信 ■Vol.225 2016.12.10 練習レポート  2016/12/19(月) 11:42
ラグビー レディース通信 ■Vol.224 2016.11.26 練習レポート  2016/12/02(金) 16:37
ラグビー レディース通信 ■Vol.223 2016.11.19 練習レポート  2016/11/21(月) 13:54
ラグビー レディース通信 ■Vol.222 2016.11.12 練習レポート  2016/11/17(木) 12:29