ブログ一覧

ブログ 2015/11

次へ>>

Vol.6 進むべき道、最後まで―[後藤禎和 『緊張・継承・創造』]

投稿日時:2015/11/26(木) 21:08

 




 いつの世も多くの気付きと、得難い経験をもたらしてくれる『早慶戦』。その未熟さとナイーブさをこれでもかと晒しながら、もっとも大切な勝利だけは手放すことはなかった。そこに透けて見えた成果と、広がっている道…



 「Bチームががんばってくれて、すごく激しい、いい練習ができている。これを毎日積み重ねることができれば、チームの地力は着実についていくはずだし、ひとりひとり、ひとつひとつのポジションが、少しずつ少しずつ、地力をつけていけば、まだまだ強くなる。終わる瞬間まで、がんばり続けるしかない」



 いかなる困難が待ち受けていようとも、決してブラさない、折らさない。アカクロは、最後の最後まで貫き続ける―



 

後藤禎和『Innovation Vol.6』
編集:疋田拡




 

―まずは忘れてはいけない帝京大戦のお話を。あの戦い、何を思われたのでしょうか



 

 どこかでも話したんだけど、あの時点でやれるだけの準備はして臨んだつもりだった。あの点差うんぬんというよりも、自分たちの力を出し切れないで負けてしまったことが、ショックであったのは間違いない



 

―その力を出し切れないというのは…



 

 前半の序盤で…自分のなかでは、もう4トライ目までがあのゲームのすべてで、その失点に繋がる引き金が、自分たちのプレーの精度の低さ、言ってみればミス。自分たちから崩れてしまっているという面も強かった。そこでもう少し精神的にタフにならなければいけない。対帝京でプレッシャーがきついのは当然、そこで精度の高いプレーをして、自分たちのペースに持っていければ、あの日のあの試合でも、もっともっと戦えたはずだから


 


 

 

 

―大量失点の要因はと問われたら



 

 タックルができていないのは、もちろんあるけれど…。いわゆるアンストラクチャーの局面、守りづらい局面を作りだしてしまっていた。例えば、それはキックの精度の低さが要因であったり。そういったことがひとつと、とはいえ、タックルができていない。そして、これはチームとして整備しているところだけれど、ブレイクされた後のディフェンス網の整備。それらすべてが未熟であったということだと思う


 

201511262140_1.jpg


―あの敗戦を受けて、監督としてどうしよう、考え方、アプローチを変えたところなどはあるのでしょうか



 

 先ほど言ったように、一番の要因が自分たちのプレーの精度の低さという面があるから、引き続きそこを追求していく。やろうとしているラグビーそのものを変えたりということは、ありえない。大きく変えるとすれば、今年のチームに関しては、戦力的にある程度縛られた状況でやっていくなかで、ある程度選択肢を絞ってゲームを遂行していくプランを提示していたんだけれど、それだけでは帝京には絶対に勝てないであろうから、判断の部分をプラスすること。あの後変えたのは、そこの部分ということになるかな



 

 

―その後の学生たちの姿、上井草の空気は…



 

 ショックを受けたわりには、元気だなというのが正直な印象。あの大敗でチームが壊れたとか、そういったことは全く感じなかった



 

 

 

―早慶戦まではどんな日々を



 

 Bチームがかなりがんばってくれて、ものすごく激しくて、いい練習をすることができた。ああいった練習を毎日積み重ねることができれば、チームの地力は着実についていくはずだろうと

 

201511262140_2.jpg


 

―対慶大。事前の見立てはどのようなものだったのでしょう



 

 いい手応えというか、プレーの精度自体を高めて、自分たちのペースに引きずり込めれば、ある程度の試合はできるだろうという感触は持っていた。そうは言っても、早慶戦だから、向こうも死ぬ気で来て、うまくいかないであろうことも想定はしていた



 

 

―その観点で振り返ると、ペースに引きずり込むというのはできていたようにも思います



 

 まぁ、最初のトライはともかく、山岡が狙われるであろうことも想定内であったし、後半の1本目を取ったあたりまでは、すごくいい戦いができていたとは思う



 

 

―それでもその間、ほとんどの時間攻めながら、なかなかスコアできませんでした



 

 それでも、2本取っていたし、まったく取れずに、押し返されたというわけでもなかったから。FWがセットプレーを押し込んでいたし、とにかくああいった時間帯を長く持つ、後半もこれを続けていけたらいいのかなと見ていた


 

201511262140_3.jpg

 

 

―フィニッシュの精度はともかく、支配はできていたのは、準備の成果、成長の証と見ていいですか



 

 成果が出ていたとも言えるし、対慶應に地力で上回ることができたとも言えると思う



 

―ゲーム全体を振り返ったときには、どういった評価になるのでしょう。あの状況からよくひっくり返した、そもそももっと楽に勝てたはず。色々な見方があると思いますが



 

 その両方だろうね。帝京大戦と一緒で、プレーの精度の部分で、自らの首を絞めてしまっているところと、もう少しゴール前で粘れるようにならなければいけない。その前に、そもそもその状況を作り出している前段が大問題で、それも引き金はプレーの精度。あと、最後に盛り返せたのは、素直に評価してもいいと思う



 

 

 

―ディフェンスに関しては。筑波大戦のときなどは、一次の攻防で~と言われていました



 

 今回も1次であっさりというのが一本あったし、そこはひとつひとつ潰していかなければならない。ゴール前は…色々と要因はあるんだけれど、もう少し強い相手とあのシチュエーションを想定した鍛錬を積み上げるしかないのかなと

 

 

 

 

―この先打つべき手は



 

 ディフェンスに関しても、精度という言葉で括れると思うけれど、役割分担であるとか、そういったところを細かく詰めていかなくてはと思っている


 

201511262140_4.jpg

 

 

―セットプレーは満足のいく…



 

 それでも、ラインアウトを2本くらいミスしたからね。スクラムについては、メイジ戦を見てみないと何とも言えない



 

―苦しい戦いが続いてはいますが、セットプレーが安定していることで、ある意味、計算が立つ面もあるのではないでしょうか



 

 ラインアウトは間違いなくあると思う。だからこそ、もう少し楽に試合を進められてもいいのかなと。そこはまだ足りないところ



 

 

―残り10分で9点のビハインド。そこから最後はどんな思いで



 

 千葉がノックオンした時点で終わったと思ったけどね…(笑)。最後に自陣から攻めきったことは、今年積み上げてきた成果であるとは思う。80分戦いきる体もできているのかなと



 

 

―よく「自信」という言葉を口にしてきましたが、あの状況から最後にミスなくひっくり返したことは、「自信」になるものでしょうか。もしくは、「自信」にしていいものなのでしょうか



 

 それは自分には分からない。ここからの学生たちを見て、どう映るか


 

201511262140_5.jpg

 

 

 

―藤田慶和がようやく帰ってきましたが、彼がワセダにもたらしてくれたものは



 

 何だかんだで効いているんだよね、やっぱり。相手も徹底マークしてくるから、スコーンと抜けたりというのはあまりないけれど、そのなかでもしっかりとゲインを切っているし、かなり大きい。練習でも相当に大きな、いい声を出してくれていて。早慶戦で岡田のパフォーマンスがすごくよかったのも、そういった精神的な負担が軽減された面があったからだと思う



 

 

 

―コミュニケーションを取っていて、成長であったり、変化を感じるようなところはありますでしょうか。早慶戦の直後も、ロッカールームで色々と話し込まれていましたが



 

 

 恐らく、ワールドカップ自体はあいつにとって不本意なものだったはずで。その悔しさを経て、次のセブンズで結果を残して、いい状態でワセダに合流してくれたというのが、大きいのかなと思う。これからも、あいつ自身のパフォーマンスというよりも、チームとのコンビネーション、時間を積み重ねれば、もっともっと息が合うようになって、それがすなわちチームの精度アップにも繋がるから、まだまだ上積みは期待できる



 

 

 

―岡田一平はもちろん、佐藤穣司もいいパフォーマンスを発揮し、だんだんとチームの色が見えてきたような感じもします



 

 リーダーたちがいい感じになってきたのは、その通りだし、早慶戦に関しては、フロントの3人は評価してもいいと思う。スクラムしかり、ディフェンスも結構がんばっていて。そうやってひとりひとり、ひとつひとつのポジションが、少しずつ少しずつ、地力をつけていけば、まだまだ強くなるはず。最悪だったのは、ロックのふたり…


 

201511262140_6.jpg

 

 

―早明戦に向けては、チームをどう持っていきましょう



 

 

 帝京大戦の後、この早明戦までをひとつの区切りとして捉えていた。テーマ設定としては、勝ちを積み上げて自信を掴むこと。当然、勝ちにいって、今度こそ、ここで本物の自信を掴み取る



 

 

 

―闘いのポイントは



 

 やっぱり早明戦は、いつの世もスクラム。あとはディフェンスだと思う



 

 

 

―早慶戦の後、メディアに対し、「メイジには真っ向勝負~」と口にしていましたが、これの意味する…



 

 いや、別に奇をてらった手では勝ちにいきませんよと



 

 

 

―コンディション的にはかなりよくなっているように感じます



 

 

 例えば帝京と比べてどうとか、メイジと比べてどうとか、相対的には何とも言えないけれど、ワセダの絶対値的には、着実に右肩上がりできているとは思う


 

201511262140_7.jpg

 

 

―ラグビーが脚光を浴びているこの状況、どう見ているのでしょう



 

 自分自身、4年後に危機感を感じて、ずっと色々なことをやってきた。ワールドカップの前からもうできることは何でもやってやろうと。メディアにも積極的に協力してきたなかで、ある日突然(笑)、この状況になった。世の中で注目を浴びるようになるということは、ずっと臨んでいたことであるし、それはすごく喜ばしい。

 

 

 

 ただ、今のこの盛り上がりというのは、一過性であることは間違いない。4年度のワールドカップに向けて、また来年のオリンピックも盛り上がるだろうけれど、それを継続して、ラグビーの本質的な魅力を少しでも多くの人に分かってもらうアプローチはしていくべきであると思う。こうして盛り上がっている今だからこそ



 

 

 

―ワセダクラブのスクールに変化があったりは…



 

 うちは元々人数が多い方だからね。でも、他の話を聞いたりすると、急に入会者が増えたというのはよく聞くかな。あとは、メディアからの取材要請が圧倒的に増えている



 

 

 

―ワセダクラブとしての在り方。何ができるのか、何をするのか、といったところは



 

 先ほど言ったことを目的からブラさないこと。で、具体的に何ができる、するかということは、シーズンが終わったら、じっくりと考えたいと思う



 

 

 

―今、指揮官としてどんなことを思われているのでしょう



 

 別に慶應に勝てたからどうというのはないですし、もう最後の終わる瞬間までがんばり続けるしかない。そういった思いです


 

<ワセダクラブ事務局にて 早慶戦を終えて>

■Vol.185 2015.11.21 練習レポート[ラグビー レディース通信]

投稿日時:2015/11/26(木) 12:11

~練習内容~
1.サッカー(ラグビーボールで)
2.サンドイッチ
3.3対2.2対1...(その時言われた人数で)



私は初めてサッカーをしました!
ラグビーボールってどこに跳ねるのかわからないのでとても面白かったです。
常に走っているので持久力もついたんじゃないかなとおもいます。
サンドイッチは基本中の基本の練習です。これができなきゃ何もできないと言ってもいいほどの基礎練です。
改めてやってみるとすごく下手でした。よく今まで練習ができてたなって思いました。でも、自分の欠点が見つかりました。やっぱり基礎って大事なんだなぁと。今回の練習はすごく楽しかったです!
yayoi

《今日の一枚》

最後皆でキックの練習をしました!

201511261214_1-300x0.jpg201511261214_2-300x0.jpg













■Vol.184 2015年10月31日 ローズカップ[ラグビー レディース通信]

投稿日時:2015/11/25(水) 13:27

祝!優勝!!!

更新遅くなり本当にすみません。


今年もワセクラ単独出場は出来ませんでしたが、新潟のチームと合同で優勝できました!


15-5
vs前橋レディース

26-5
vs大泉高校

最後に12人制で2ゲームしました


感想
合同チームでの優勝でしたがすごく嬉しかったです! 今までの練習の成果を出せたシーンもありました!しかし、練習不足な所も見つかりました。これから、次の試合に向けてもっと上手くなれるよう、練習していきたいです。 (n)


試合を通して、普段練習では経験できなかったところがいっぱいあって、自分のプレイを修正できるきっかけになったし、練習の時どういうところをもっと意識するべきかに関して考えました。(u)


私にとって初の試合となりました。ラグビーを始めて数ヶ月でわからないことばかりでしたが、なんとか皆に助けてもらいながら試合に参加することができ、本当に楽しかったです!
ラグビーの面白さをまた実感できたように思います。
皆さんありがとうございました!(m)


デビュー戦(?)でした!怪我をしていたので残り少ない時間だけ出させてもらいました。初めはどうしたらいいのか、自分がどう動いたらいいのか迷いながらプレーしていました。とりあえず練習したのを思い出してプレーしました。
そしたらなんとトライできました!ものすごく嬉しかったです。これを見ている人が楽しそうだなぁと思ってくれると嬉しいです!(y)

201511251329_1-350x0.jpg



■Vol.183 2015.11.7 練習レポート[ラグビー レディース通信]

投稿日時:2015/11/11(水) 13:16

メニュー
 
 ・2対1(アップ)
 ・4列パス
 ・2対1
 ・タッチフット
  
感想
 
  ローズカップ後の練習でした。
  自分の目標1つ1つをしっかりと埋めていくことが大切だということを 
  学びました。
  また、4列パスでは、自分がパスしたら走りぬけるのではなく、フォローを
  するように心がけなければ、試合で使うことが出来ないと思いました。
  今後の試合では、また良い結果が残せるように頑張っていきましょう。
 
                    うづき
 
  今日の1枚は・・・キック練習をしているところです。

201511111418_1-350x0.jpg

 

■Vol.182 2015.10.17 練習レポート[ラグビー レディース通信]

投稿日時:2015/11/04(水) 10:58

1.2対1鬼ごっこ
2.4列パス
3.3対2
4.コンタクト練習
5.ミニゲーム(コンタクト有)


感想
今日は練習の30分前に、大会に出るメンバーで自主練をしました。パスを基本から練習したり、グラウンド周りを走りまし。コンタクト練習は実践的になり、コンタクトありのミニゲームはとても体力を使うので、大会までに少しでも体力をつけたいと思いました。
大会まであと2週間です!頑張りましょう!

写真は練習後、キックの練習をする大会メンバーです。


望未

201511041100_1-300x0.jpg



次へ>>

<< 2015年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事

フェンシングスクール通信 2017年目黒区フェンシング大会2名入賞  2017/09/21(木) 13:58
フェンシングスクール通信 2017年全国小学生大会入賞  2017/09/21(木) 13:56
フェンシングスクール通信 2017年杉並カップ ワセダクラブから入賞多数  2017/09/21(木) 13:54
フェンシングスクール通信 平成29年5月スクール通信  2017/05/26(金) 12:53
ラグビー レディース通信 ■Vol.235 2017.4.22 練習レポート  2017/04/27(木) 11:33
ラグビー レディース通信 ■Vol.234 2017.4.15 練習レポート  2017/04/19(水) 19:56
ラグビー レディース通信 ■Vol.233 2017.3.25 練習レポート  2017/03/30(木) 17:45
ラグビー レディース通信 ■Vol.233 2017.3.18 練習レポート  2017/03/24(金) 13:46
ラグビー レディース通信 ■Vol.232 2017.3.11 練習レポート  2017/03/21(火) 15:46
ラグビー レディース通信 ■Vol.231 2017.3.5 練習レポート  2017/03/06(月) 12:24
ラグビー レディース通信 ■Vol.230 2017.2.18 練習レポート  2017/02/27(月) 16:52
ラグビー レディース通信 ■Vol.229 2017.2.25 練習レポート  2017/02/27(月) 11:02
フェンシングスクール通信 平成29年2月スクール通信  2017/02/17(金) 11:23
ラグビー レディース通信 ■Vol.228 2017.2.11 練習レポート  2017/02/17(金) 11:18
ラグビー レディース通信 ■Vol.227 2017.1.28 練習レポート  2017/01/30(月) 17:49
ラグビー レディース通信 ■Vol.226 2017.1.14 練習レポート  2017/01/30(月) 11:48
ラグビー レディース通信 ■Vol.225 2016.12.10 練習レポート  2016/12/19(月) 11:42
ラグビー レディース通信 ■Vol.224 2016.11.26 練習レポート  2016/12/02(金) 16:37
ラグビー レディース通信 ■Vol.223 2016.11.19 練習レポート  2016/11/21(月) 13:54
ラグビー レディース通信 ■Vol.222 2016.11.12 練習レポート  2016/11/17(木) 12:29